一緒に描こう 輝く物語。

Snow Manが好きな人。

立ち止まる時間はないさ。

…タイトルは、療養復帰後、一番最初のすの日常で、

写真と共に添えられていた「Grandeur」の舘様歌唱部分の歌詞。

…めめの誕生日の時に後悔したので、今回はちゃんと誕生日前に

しっかり書き込ませていただきます。

 

本日、3月25日。

Snow Man所属であり、宮舘王国 国王

宮舘涼太くんの誕生日でございます!!!

(Happy Happy Birthday♪ Happy Happy Birthday♪

脳内は、従者含む国民が一斉に"喜びの舞"を行っております。

ちなみに、"喜びの舞"はあと三時間続きます!わら)

…という茶番はおいといて。

 

改めまして、おめでとうございます。舘様。

私が、Snow Manに出会う、きっかけを下さった、舘様。

Snow Manの箱推しだけれど、やはり一目置いてしまう、舘様。

そんな舘様に出会えて約1年、毎日幸せでございます。

 

舘様は、いろんなメンバーがいろんなところで言うけれど、

Snow Manの縁の下の力持ちであり、

大黒柱のような、存在。

 

後輩に対しては、背中で教える、たくましい人。

誰かがひるむようなことも、果敢で挑戦、やってのけてしまう。

でもその裏には、成功させるために人一倍努力をしているということ。

 

傍から見たら、完璧な人なんだけれど、

その完璧な人でいるための努力を惜しまずに、歯を食いしばりながら必死に

努力し続けている姿。そして、その姿を他人に見せない。

そんな「漢」という漢字がぴったりと当てはまってしまうのも

舘様の魅力なのかもしれません。

 

年末年始の療養を経て復帰した舘様は、前よりももっと活き活きしていて

メンバーとも、目一杯笑い、時にはボケにも積極的に走り。

舘様にとっては、本当に苦しい2週間だったんだろうけれど、

彼にとってはプラスになったことが多かったんだろうなと、今の舘様を見て思う。

 

まるで、ありのままの宮舘くんに出会えたようで、本当に嬉しい限りです。

 

今年は滝沢歌舞伎から始まる、28歳の一年。

無事に大千穐楽を迎えられるよう、心より祈っています。

 

そして、改めて、出会わせてくれた舘様へ最大の感謝を。

 

カキツバタ花言葉って知ってますか?

『幸せはあなたのもの』『幸福が来る』『贈り物』

(一生懸命、ネットで調べた我)

 

28歳という一年。更なる飛躍を、心より祈って。

 

追伸:だてめめ、だてラウ 心よりお待ち申しております。

 

追記:Snow Manの誕生日動画ってなんであんなに面白いの?

   時間があったらだてめめ掘り下げブログと共に、Snow Man誕生日動画は

   なぜここまで面白いのかの検証も行いたいと思います。(自己満)

 

2021.03.25

 

 

 

 

 

 

 

ひらりと桜。

 

3月中旬。地元の小学校では、今日、卒業式が行われるようで

親御さん方が続々と学校へ入っていく様子がみれました。

ご卒業、おめでとうございます。新たな門出、お祝い申しあげます。

例年とは違い、思うような学校生活が送れなかった子が大半だったんだろうな…

と思うと、何とも言えない気持ちになりますが、まだまだこれから

今しかできないこと、沢山遊んで、沢山学んで、素敵な日々が送れますように。

 

…て真面目な事を書きつつ。

 

昨日のすのちゅーぶ。更新された通知を見て、思わず拍手。

youtu.be

 

滝沢歌舞伎ZERO OPを飾る曲、

「ひらりと桜」

 

もうね、聴くたびに、全身鳥肌がぶわぁぁぁ…ってなる、神曲

イントロ聴くだけで、泣ける、神曲

 

「桜は散るのではなく、舞う」

 

この言葉を体現するかのように、大量の桜が舞う中、

桜色を身にまとった9人が、舞台で舞い踊る。優雅に、大胆に、繊細に。

 

一度も生で観た事はなく、TVやDVDだけしか拝見することが出来なかったのが

昨年、映画となり。

大迫力の画面と音響で。このイントロがかかっただけで、泣いた記憶があります。

それくらい、身体の芯にまで伝わってくる、この曲、この映像。

 

まさかYou Tubeで上げて下さるなんて思わなかったので、びっくりしたけれど。

何度も、どこでも観れるようになったのが、この上ない幸せ。ありがたい。

 

舘様の考えた衣装の一つ。ピンク色のオーガンジーがまあ、映える、映える。

動きに合わせてふわり、ふわり動く布の特性をちゃんと生かして

作品の一つのアクセントになっているのが本当に素晴らしい。

そして、その布を活かすダンスをするメンバー凄い。(舘様とさっくんあたり?)

 

そして表情も最高にいい。映像作品とはいえ、OPとなるわけで

緊張というか、舞台が始まる緊迫感みたいのが見えるかと思いきや

皆の表情が柔らかい。そして阿部ちゃんは別格。

いつでもどこでもどんな時でも楽しく舞い踊る彼の精神は本当に凄いと思う。

 

メロディーラインも、康二と翔太くんのハモリの部分とか

ひーくんと、ふっかさんのそれぞれのソロパート。

あべめめと、だてさく。どこを切り取っても美しい。本当に伸びやかな歌声で

きっと彼らの声質にマッチするんだろうなと思う。

 

そして、語らずにはいられない(語ってたんだ、いや、語ってるつもりなんだけど)

ラウールくんの成長ぶりよ。1年だよ?実質は1年と3カ月くらいか。

ステージセンターでひとりスポットライトが当たる中、堂々と歌い上げるその姿。

周りをメンバーやステージで踊ってくださる女性キャストが囲い込む中で

声質もそうだけれど、どこか自信に溢れたまなざしで前を向き。

…本当に、胸に来るものがありました。ただのファンなのに。

今年はさらに一年経ち、様々なものを吸収して、更に成長した中で

どんなパフォーマンスを披露してくれるか。

いまから、ずっと楽しみです。

 

…って、新橋演舞場にも、御園座にも足を運ぶ機会は残念ながらないんですけれどね。

このご時世、仕方がありません。

 

あと3週間ほどで幕が開く、滝沢歌舞伎ZERO 2021

座長のSnow Man、IMPACTorsの皆さん、ステージキャストの皆さん

また舞台裏を支えて下さるスタッフさん。

誰一人ケガなく、舞台初日を迎えられますよう。

そしてお客様が入った劇場で、最高の幕が開きますよう。祈念しております。

 

今年は、桜が舞うのでしょうか。それとも……。

 

 

 

 

 

最初で最後という最高。

 

Snow Man 1st LIVE TOUR

Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.

オリコン週間ランキング、1位 おめでとうございます🎊

 

記録はなんと、初週40.6万枚。(DVD17.0万枚、Blu-ray23.6万枚)

1st 音楽映像作品の初週売り上げでは…歴代1位

 

また、Snow Manとして、「初」を獲りましたね。

 

いやぁ…嬉しい限りというか、なんというか。

・・・感慨深いというか。

「最初で最後という最高」

でしかないな…って思いました。

 

私は配信を3公演観たけれど、どんな時も全力でパフォーマンスし続ける彼らに

本当に胸を打たれて。

オーラスの一人一人の言葉が、胸にしみて。

佐久間くんの時なんか、ティッシュ片手に大号泣。

…配信だから出来た事だな。いや、現場に入っていても同じようになるか。

会場にいるわけじゃないから、カメラに映る瞬間しか分からない訳で。

本人たちもお客様が一人として入っていない会場で、全力で9公演

熱量を冷ますことなく、完走出来た事。

今思えば奇跡のように感じます。

 

コール&レスポンスしても、誰からも声が帰ってこない環境下の中でよくぞ。と

これから先、彼らを応援していく中でも、本当に忘れられられない

最高なデビューコンサートでした。

 

会場に入らなければ本来はもらえるはずのない「銀テープ」

レーベルのスタッフさんが、愛をこめて梱包してくださった、宝物です。

 

ドキュメントも、マルチアングルも、MC集も、メンバー・グループのいいとこ集も。

コメンタリーも。大ボリュームで、まだ全部観きれない程。

 

贅沢させてもらいました。本当に感謝してもしきれない程に。

 

Snow Manの将来なんて、誰にもわからなくて。

 

いつか、この人気が落ち着くことだってある。熱量が覚めてしまうこともあるかもしれない。

だからこそ、今の彼らが作り上げる全てを全力で受け止め、

楽しむことが一番大事なんだろうなと、思っています。

 

来月には滝沢歌舞伎ZERO The MovieのDVDも発売になります。

 

一つ一つに感謝しながら、これからも彼らのすべてを

全力で応援したいと思います。

 

最後に。これからも最高な景色を共に

 

淘汰の先にある、未来へ。

 

 

 

この地球の期待越えて行け(てーけぇっ!)

 

…という歌詞フレーズでおなじみ。

 

2月16日は、我らがSnow Man

目黒蓮のお誕生日でした。

 

おめでとうな、めめ。

お前まだ、24歳かよ…まだまだわけぇじゃねぇか…

 

なんて、思ったりした。わら。

 

って冗談はさておき。改めましておめでとうございます🎊

 

誕生日当日に更新したかったのですが、連日出張が重なり

遠出続き(といっても県内移動ですけれど)

+例年襲われる花粉症という名の襲撃に日々あっておりまして、

なかなか更新する気持ちが起きず…めめ、ごめんよ。

今度からは、ちゃんと下書きしておくから、当日ちゃんとUP出来るように…するから。

 

ってなわけでめめが24歳ですよ。…若いね。、まだ24歳なの?って言うくらい

時折、めめの年齢を忘れてしまうほど、大人の魅力が彼にはありまして。

 

考え方だったり、行動力だったり

一つ一つに真剣に精一杯向き合って努力することを惜しまなかったり。

 

本当に「目黒蓮」って名前の強さに劣ることなく、すべてがカッコいいなと

日々、感心しております。

Snow Manの熱量を保っているのは、めめの存在だと思うな。

 

例え、マイナスな事が起きても、鼓舞してプラスに変える力がある。

先輩後輩関係なく、その熱量を共有し与えることが出来る、

本当に熱い人。

めめみたいな人が職場に一人いたら、どれだけ活気づくだろう…って

時折想像したりします。想像だけだけど。

 

きっとこれからも、いろんな場所で活躍して

色んなこと吸収して、もっともっと魅力的な男性になること間違いなしの目黒くん。

彼の彼「らしさ」は失わずに、これからも堂々と

この地球(ほし)の期待越えて行ってほしいと思う。

 

あ、ちなみにこのスタイル&ビジュアルの持ち主であるにも関わらず

掛け算が出来なかったり、書き初めを「かきはじめ」と読んでしまう

憎めないところはいろんな方々に刺さるようなので、是非とも。

 

24歳の一年、楽しい充実した最高な一年になりますように。

 

 

追伸 今年は舘様との関係性に一歩踏み込んでいきたいと

   Myojoの一万字インタビューで話していましたね。

   普段本当に絡むこと自体が奇跡のような2人。赤と黒

   とりあえず、舘様がすの日常でさりげなくお祝いしていたこと自体

   おおきな進展だと思うので(勝手に)

   こちらの期待に応えようと無理することはないけれど、お互いがいい

   距離感をたもちつつ、踏み込んでいただけたら。と。

   とりあえず、プレミアムアニバーサリー苺のショートケーキは

   予約品なので、お祝いするにはまず、ケーキの予約から始めてみては

   いかがでしょう。…てね。( ´∀` )

 

2021.02.18(本当は16)。

誰かの嫌いは、誰かの大好き。

 

私のTwitterに固定してある言葉です。

 

ちょっと真面目につぶやいています。お気持ち表明ブログになっちゃうかもしれない。

 

苦手な人は、そっと閉じてください。

 

 

 

人にはそれぞれ好き嫌いがあります。

辛いものが好きな人がいれば。辛いものが嫌いな人。

苦いものが好きな人がいれば。苦いものが嫌いな人。

髪の毛が長い人が好きな人がいれば。髪の毛が長い人が嫌いな人。

 

全ての人に、「好きです」って言われる人なんて、どこにもいません。

それが当たり前です。

 

1人の人を好きになる時には、いろんな角度や思考を持っている個人一人一人が、

いろんな角度から、「一人の人」を好きになります。

 

顔がかっこいいから、好きになる人もいます。

笑顔が素敵だから、好きになる人もいます。

その人の仕草が好きで、好きになる人もいます。

身長で好きになる人もいます。

ダンスのかっこよさで、好きになる人もいます。

声が好きで、好きになる人もいます。

人柄で、好きになる人もいます。

ふとした表情で、好きになる人もいます。

表現力で、好きになる人もいます。

大きな口でご飯を食べる仕草で、好きになる人もいます。

…これ以外にも。きっとたくさんのきっかけがあると思います。

 

誰かを「好き」と思う入口って、その人にしかない感性や価値観で決まるものであり。どれも不正解ではないと思うんですよ。個人的に。

 

でも、その反対に。

「嫌い」と思う入口だって、その人にしかない感性や価値観で決まるものであり。

どれも不正解ではないと思うんですよ。個人的に。

 

自分が好きな、大好きなものが、

自分の真向かいに座っている人にとっては大嫌いだって思うことだって

十分あり得るのですよ。

別にいいんです。それは個人の自由だし、個人の価値観だから。

 

・・・・・・・・って、ここで終わればいいのにっていつも思う。

 

人の好きを干渉する必要もないし。

好きになれと強制する必要もない。

 

…人の好きを否定する必要も一切ない。

各々個人が感じて、感じた「好き」という感情を、

各々が大事に大切に育てる。

…一番自分の心にとって負担のない、最良なものだと思います。

というか、そのための「好き」なんじゃない?

 

でも、その自分の「好き」を盾に、他の人の好きを否定する必要性は、ないですよね。

 

だって、あなたにとっては大嫌いでも、他の人にとっては大切なものかもしれない。

…いや、大切なはず。

 

ちなみに、

私にも大嫌いなものはたくさんあります。

目にも入れたくない程に、嫌いになったものが沢山あります。

 

 でも、それはあくまでの私の主観、価値観の問題。

それ以上でもそれ以下でもない。

 

だって、私の嫌いだって、

でも、それは誰かにとっては大好きなもの。

「誰かの嫌いは、誰かの大好き」

私が常に意識している事です。

 

SNSの発達により、不特定多数の人が簡単に自分の意見を

簡単に発信できるようになりました。

もちろん、「大好き」も「大嫌いも」。

 

大事なのは、自分の意見だけがすべてではないこと。

自分自身の考えがあれば、その正反対の考えを持つ人もいる。

その意識を常に持つこと。

自分の価値観で物事や出来事、人物をものさしで測ったとしても。

それを不特定多数の方が閲覧できる場にはなるべく書き込まない。

 

自分の好きを否定されることほど、悲しいことはないから。

自分がここ数か月、強く体感したからこそ、思います。

 

誰かの好きという感情を傷つけない。否定しない。

人の価値観を大切にする。

人として当たり前のことを、当たり前にできる自分にこれからもなりたいと思います。

 

色んな人の「好き」が尊重される世界になりますように。

自分の「好き」という気持ちに、誇りを持てますように。

それぞれの「価値観」を否定するような事が無くなりますように。

 

※ 途中、書き換えたり加筆したり。…うまくまとまらないけれど

  自分の、自戒を込めて。

  これからも自分の大好きな人やモノ、大好きな彼らを心から大切にします。

 

 

 

 

 

色んなことを書いてみた

 

多分、中身のないブログだけど、書いてみたいから書いてみた。

暇つぶしに読んでください。

 

① Snow Manのオタクが、鬼滅の刃にハマった話。

 私、周りの人に言い続けていた。

「鬼滅ねぇ…アニメ見ないから、多分ハマらないし、みないな」

…そんな私。だった、私。

私の周りのスノ担ちゃんと、そのお母さま。私の母までどっぷりとはまって

昨年の内に映画も観に行くほどの熱狂ぶり。幾度も、母に

「あんた、絶対ハマるから観て観なよ!!」

っていう話に何度も「私は別にいい」ってそっぽ向いていた。

別に嫌いなわけではない。でも興味がないから、観るっていう選択肢がなかっただけ。

 

それに、何度か鬼滅の刃関連で荒れていたのを幾度か目にしていたから。

某音楽番組のランキングとか。某番組のタグとか。

余計に観たいという意識が遠のいていたのは、事実。…だったのだが。

 

1月1日に放送された、「それSnow Manにやらせてください 地上波特番」。

もちろんリアルタイムで視聴。いつも小さいパソコンで見ている画面が家のテレビに映っているのが不思議に思えた、そんな中・・

…出会ってしまった。

渡辺翔太がコスプレしていた。鬼滅の刃の 善逸さん。

 

…にゃんだ、このキャラ…

 

この時。この瞬間に、興味関心が一気に沸いたんです。鬼滅の刃、そのものに。

んで、次の日から、Paraviさんでアニメを視聴開始。

年末年始休暇の1月6日までの間に配信されている全26話を見事視聴完了。

…まさか、

自分が大好きなグループの1人がそのキャラクターのコスプレをしていた。

 それが、私が鬼滅の刃に度ハマりした理由。

まさか、きっかけがそこに転がっていたとは。

 

んで先週、初、無限列車に乗車。

…もう、号泣もいいところ。

マスクびちょびちょ、はなはズルズル、目は泣きすぎて腫れる。

極めつけは映画中思わず嗚咽し声が漏れる…(これがいっちばん恥ずかしかった。)

最高な作品に出会わせてくれた、それスノさんに感謝ですわ。

ありがたい、ありがとう。しょっぴーも、ありがとう。

 

 ㊗ Grandeur 発売

1月20日 ついにリリースしましたね!!

改めまして発売、おめでとうございます🎊🎊

今回の楽曲は収録曲の全曲がほぼほぼYou Tubeで公開されていたけれど

やっぱりCDになったものを手にするのは嬉しいもんですね。

大切にしたい宝物が一つ増えた気分です。

ちなみに、私的にはボイスドラマが優勝案件。

会話の中に懐かしい話題やネタが沢山盛り込まれていて、聴きごたえありました。

最後の展開は思わず目が潤むほど。そしてさすが、ボイスドラマ3回目となり

みんな普通に上手くなってるのが最高に言い。

佐久間くんは流石だと思う。でもそれに劣らず、前回のボイスドラマよりも

自然。本当に聴いていて情景を思わず想像しながら聞いてます。

いつか文字お越しして小説風に書いてみたいな…って思ってる。

ちなみに一番大好きなのは「どうした、ハニィ」です。

 

③ 1周年お祝い&3rdシングル発売記念 生配信。

サプライズ、大成功~!!!って感じですね(*'ω'*)

こんな企画に参加させていただける機会を頂けたことにまずは感謝で一杯でした。

まだ一度も、本人達に会えず。

日々の感謝だったり思いを伝える術は、今のところファンレターしかないからこそ。

本当に嬉しかったな。慌ててスノ担ちゃんに連絡をとって、あれこれ試行錯誤しなが  ら写真とメッセージを送らせていただきました。

当日の写真に、自分のが使われていたのかはいまだに不明。

You Tubeで改めて確認するのもありだったとは思うんだけれど

写真が使われる、使われないはどうでもよくなってしまうほど、本当に心がね、救われたんすよ。

スタッフさんのメッセージの構成がもうね、天才だし。

こんな素敵な文を送られたファンの方々、もう最高!!ってなったし、

Snow Man最高!!ってなった日。この思い出は色あせることなく

ずっと、胸に止めておきたいなって思う。

 

④ いろんな考えあるよね。

私は仕事柄、老若男女たくさんの方と日々お会いし、話をし、打ち合わせやらお話し合いをたくさんしています。

なので、世代間ギャップや、男女間の考え方の違い。人それぞれの思考回路や価値観は全く違くて、一人一人がその思考や特徴・個性があるからこそ、今の社会が成り立ってるんだと思うんです。

だから、例えば机の上にコップがおいてある写真を見た時、その写真に対しての感想を求めると、10人10色の意見が出ます。

着眼点も感性もなにもかもが違う。おんなじことを思う人ももちろんいるし、正反対の意見を持ち合わせる人も、もちろんいます。

そして。どれも正解ではないし、どれも不正解ではない。

誰かの意見に1~10全部同意できるわけでもないし

だからって1~10全部反対するわけでもない。

「そういう見方もあるよね」「でも、私はこう思ったよ」

そういう、お互いの持っている考えや思考・価値観を

お互いがしっかり理解し合えば、よりよき関係性を築けると、ある日学びました。

…これからも、自分の価値感を大切にしつつ、でも相手の価値観も尊重し

お互いが歩み寄るものへと意識を向けていこうと思います。

 

…こういう考えを持てるようになったのも、彼らを好きになったから。

色んなことが学びです。

 

はは。

 

 

 

 

 

 

 

Snow Man デビュー1周年

 

2020.01.22~2021.01.22

 

Snow Man デビュー 1周年 おめでとうございます。

 

彼らに出会って私もまもなく1年を経過しようとしています。

 

一昨日のSnow Manへのサプライズ動画が、ずっと頭にこびりついて

気を緩めると涙が溢れそうに、今でもなお、思います。

 

彼らに出会ってから本当に、楽しかったし、辛い思いもしたし、寂しい思いもしたし

…正直しんどいなって思う経験もたくさんしました。

 

でも、いつでも彼ら9人を見ていると

応援させてあげる

じゃなくて

応援してあげたくなる。

 

彼らのためになら、なんでも頑張れる。

 

自然に、そういう気持ちにさせられる、彼ら9人の放つ

何にも代えがたい、「魅力」だと思っています。

 

年齢も近い人が多いのに、"あげたくなる"っていう感情が

正解なのかどうかは分からないけれど

放っておけないし、見過ごしも出来ない。離れたくもない、離れる気もしない、

そんな思いをず~っと維持し、1周年をお祝い出来る迄になりました。

 

いや…振り返れば走馬灯のようにいろんなことが思い出されるし

まだ1年しかたってないの・・・っていうくらい酸いも甘いも経験しましたね。

でも。どの経験も決して無駄にはならないし、寧ろ彼らの力にプラスになっている。

そう実感もしています。

 

Grandeurも、順調に売り上げを伸ばして、昨日時点で71万突破。

 

もっと、もっと売り上げが下がるかのように思えたけれど維持できているのは

紛れもなく、彼ら9人の姿勢。

そしてそれに応えたいと思うファン。

両方がいて成り立つものだと思っています。

他にも初めてCDを手にして下さった方。アニメきっかけで購入して下さった方。

色んな方の協力のお蔭で作り上がっていく彼らの作品。

大事に、大切にしていきたいです。

 

彼らはまだ始まったばかり、

これから先、きっともっと大きな壁が立ちはだかったり

いろんな経験を重ねていくと思います。

 

でも、ひとりじゃない。9人だけでもない。(この言葉本当に素敵だった)

9人と彼らを愛するたくさんのファンの皆様と共に

一緒になって、彼らを盛り上げるにふさわしいファンになれるよう

これからも出来ること、精一杯取り組んでいきます。

 

岩本照

深澤辰哉

ラウール

渡辺翔

向井康二

阿部亮平

目黒蓮

宮舘涼太

佐久間大介

 

この最高な9人と共に。

新たなる、一年へ。

 

本当におめでとう。大好きなSnow Manへ。

 

2021.01.22 ミジなつ